土に還る染料【ベンガラ泥染め】200ml
other
5f8fe9ae9a26b25b0bae7e72 5f8fe9ae9a26b25b0bae7e72 5f8fe9ae9a26b25b0bae7e72 5f8fe9ae9a26b25b0bae7e72 5f8fe9ae9a26b25b0bae7e72 5f8fe9ae9a26b25b0bae7e72 5f8fe9ae9a26b25b0bae7e72 5f8fe9ae9a26b25b0bae7e72 5f8fe9ae9a26b25b0bae7e72 5f8fe9ae9a26b25b0bae7e72 5f8fe9ae9a26b25b0bae7e72

土に還る染料【ベンガラ泥染め】200ml

¥2,120 税込

送料についてはこちら

  • 19銀鼠ぎんねずみ

  • 01古色こしょく

    残り3点

  • 03深川ふかがわ

  • 06煤竹すすだけ

  • 16緑土みどりつち

  • 09鬱金うこん

  • 13黄土おうど

  • 12茜あかね

    残り1点

  • 23紫陽花あじさい

  • 20鉄朱てつしゅ

【ベンガラ泥染め】 ベンガラ泥染めは、土から取れて土に帰る環境循環型染料です。 一般的に、私たちの手元に届く衣類に使用される染料は、化学染料であり排水面で環境負荷を与えます。しかし、ベンガラ泥染めは土(鉱物)染めのため、土壌にて分解される成分で作られているので排水面も安心です。人・環境にとってやさしく安全でエコロジーな染色です。染めた後の色は、土(鉱物)ならではのやさしく温かみのある色合いが特徴です。 ベンガラ泥染めの特徴は何といっても。手軽さです!!! 草木染めなどのように火を使う必要がなく、ベンガラを常温の水に溶いて揉み込んで染めていくため、手軽にお子さんとも一緒に安全に衣類を染めることができます。水とバケツがあれば染めることができるなど染める場所を選びませんし、揉み込むだけですのでTシャツだと15分もあれば染めることができます。 環境に優しく、好きな色に衣類を染めることで、エコバックだと、日々持ち歩くことで毎日が楽しくなったり。シミがついてしまった、使わなくなった衣類だとおしゃれが更に楽しくなる。 そんなあなただけの特別な瞬間を作り出し、モノをより大事に使っていきたいと思える提案です!よろしければお試しください。 〈ベンガラ泥染め〉 成分:酸化鉄・水 天然ゴムラテックス 〈藍錠染め〉 成分:天然インド藍・水 天然ゴムラテックス 〈1袋で染められる衣類〉 染まる容量:600~800g 大人用Tシャツ:約5枚分 子供用Tシャツ:約8枚分 〈藍錠染めの場合〉 染まる容量:500g 大人用Tシャツ:約2,3枚分 子供用Tシャツ:約4枚分 〈より濃くする助剤はこちら↓〉 https://kenkonosusume.stores.jp/items/5fab7351df515971b121849b 〈ベンガラ泥染めとは?〉 ベンガラ泥染めは土から採取される成分であるベンガラ(酸化鉄)でできているので土に帰る染料です。紫外線に強いベンガラは日光による退色がなく、繊維を紫外線による劣化・変色から守ってくれる役割もあります。1965年に創業した大阪の老舗業者によるベンガラ泥染め商品のため、他のベンガラ取り扱い業者の商品と違い、長年の加工技術を活かし「赤」しかなかったベンガラを燃焼温度と調合により黄、黒、緑、紫といった色彩豊かな色合いをつくりだし、繊維染色にかかせない鮮やかな色合いを表現されています。職人の技術が詰まった”作品”となっております。 【下染め助剤】 下染めはイオン化により繊維にベンガラを定着させる為の助剤です。どんな素材にも色が定着しやすくなり、発色良く染まります。染まりつきが良くなることでベンガラが水中に残らず、水が透明になります。※色は基本的に、土(鉱物)ならではのやさしく温かみのある色合いです。 助剤をお届けする際に、使い方シートを付けていますので、そちらをお読みになってお使いください。 〈下染め助剤〉 成分:アンモニウム塩・水 使用量:生地の重さに対し3% 染まる容量:1.5kg以上 〈アンモニウム塩について〉 アンモニウム塩は1種類ではなく種類が多数存在しますが、こちらのアンモニウム塩は危険性が危惧されている第4級という分類ではありません。安衛法の基準をクリアしているため、アンモニウム塩の中でも危険性が低いものを使用しております。人体や環境への安全性は高いものではありますが、天然ではないため、100%安全という保証かは言い兼ねます。家庭でのご使用であれば、環境への負荷は低いためそのまま排水溝に流していただいても構いません。 もしお気にされる方がいらっしゃれば、以下の方法で染めることをお勧めいたします。  ① 豆汁(ごじる)での下染め。 一晩水に浸けてもどした大豆をミキサーで擦り、その絞り汁を下染めとして使います。 下染め剤のように濡れた状態からは染められないので1回乾かす必要があります。   ② ミョウバンでの代用です。 ミョウバンは下染めとしての役割ではなく、染料に混ぜながら使うことで機能します。 ミョウバンをお湯で溶かして、水溶液にします。その水溶液を染めるときに染料に混ぜながら使うことで、染まりつきはよくなります。 〈お洗濯、色落ちについて〉 染めた後は必ず乾燥させてください。 乾燥させることで色が定着します。 最初の1~2回は他のものとの洗濯は避けて、 手洗いしてください。